Sandglass in the Sea

 椎名繭佳の日々是好日。 主にサブカル嗜好。独断と偏見に満ち溢れてますのでご理解を。

ブログ内検索
最新記事
カテゴリー
最新コメント
[07/27 ひなタソ]
[04/24 某S]
[01/17 ABC]
[05/24 匿名希望さん]
[05/20 ABC]
[04/26 名無しさん]
リンク
最古記事
忍者
なんじゃ?

お布団チャレンジ総評

元帥は張り付けないとダメですね(挨拶

ぶっちゃけ運営イベントの時もですが、
こういう正面突破は本来ありえません(ヽ´ω`)
(一番人口の多い拠点を剥ぐ)

ご参加いただいた方には感謝です。

さて、兵の援軍が積まれているのであれば、
攻撃側は防御ユニットを落とさないことには始まりませんので
直系ダメージを連打します。

防御側は、

・海上兵科スキル無効化
・航空兵科スキル無効化

のどちらかを発動しておくのも手かもしれません。
こまめに看護などで回復しないと直ぐに防御ユニットが落ちちゃいますね。
→同盟員からのユニットによる援軍が届いている場合も同様です。

前々から、話題にはしているのですが、

・デッキ内の全ユニットのHPを回復
・所持している全ユニットのHPを回復する

だけを別に集めてラベルを付けておくべきですね。
なぜなら、

・デッキ内で待機中の全ユニットのHPを回復する

では、内政設定(防御スキル発動)中のユニットは回復出来ないため。

結局、同盟内で時間合わせをされて同着でぶっこまれたら(身も蓋も無い
マイアーレなどの、

・確率で出兵先拠点の内政ユニットにダメージ

に対応するために、やはりパッシブ防御スキルは必須ですね。

・噴進弾幕
・機動艦隊護衛
・ミサイル迎撃システム
・フォークランドの黒死病
・水上護衛
・防護弾幕
・レーダーピケット

出来ることなら、
セットする防御ユニットには、各スキルを覚えさせておきたいものです。

※無敵艦隊が複数枚あればいいとか禁止

あとは、兵士付きの防御ログのすべては↓に掲載します。














拍手[1回]

2015.10.06 (Tue)
Category[ブラしず]
Comment(0)

コメント

この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright © 椎名繭佳 All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.